安来で就農しよう

◯作目名:有機野菜(有機葉物野菜)

◯就農までの流れ

  • 産地見学 バスツアー、農家ミニ体験(3日~1週間)
  • 産業体験 産業体験事業(定住財団、3ヶ月~1年)
  • 研修   師匠農家での研修(1年)
  • その他特徴 研修期間中の住まいとして、ワンルームマンション型の施設を用意しています。

 

◯先輩農家の声(Iターンで就農したDさん)

 広島出身で会社員生活を経て、農業を志しました。農業体験ツアーに参加したことから、2013年に安来市にIターンし、1年半の研修を終えて2014年に就農しました。収穫が続く忙しい日では、朝は、4時半頃に起床し、5時から収穫、午後からは出荷調整し、夜9時ころに終わるという厳しい状況もあります。でも、就農後、将来への希望が大きくなりましたし、人とのつながりや仕事の充実感に満足しています。

 

 

 

 

 

◯移住・就農支援策

  • 研修支援 農業次世代人材投資事業150万円/年、半農半X事業等
  • 移住支援 研修生専用の宿泊施設(ワンルームマンション型)を用意、定住後の住宅建築支援制度あり
  • 就農支援 国・県の支援制度

 

◯経営モデルの例
葉物野菜の経営モデル → 「赤江オーガニックファーム」P1に1年の作付状況を紹介しています。

◯その他特徴
師弟制度でベテラン農家がマンツーマンの徹底指導、集落全体で新規就農者をサポート、数多くの新規就農者が定着

◯詳しくは以下のリンク先を御覧ください(PDFファイル)

   

就農パッケージ詳細赤江オーガニックファーム
安来市就農パッケージ事業の説明(PDF)

◯就農パッケージ紹介ビデオ

🔙 【就農パッケージ集】一覧に戻る

☆就農パッケージに関する相談は、以下からどうぞ☆