島根県は「半農半X」を応援します

◯作目名:半農半X(半農半蔵人、農業と酒蔵での仕事の組み合わせ)

◯就農までの流れ

  • 産地見学 バスツアー、農業体験プログラム等を活用(1泊2日程度)
  • 産業体験 産業体験事業(定住財団、3ヶ月~1年)
  • 研修   農林大学校での研修(1~2年)、師匠農家での研修(1年)
  • その他特徴

◯先輩農家の声(半農半蔵人により大好きな酒と酒米を造りだしたIターンのNさん)

 Nさんが、農業に取り組もうとしたきっかけは、東日本大震災を機に「自分で食うものを作っていれば何があっても強い」と考えたことだそうです。いろいろと就農先を探しているとき、半農半蔵人という面白いプランが島根にあることを知り、お酒が好きなこともあって、この形で就農を決めたとのことです。
春から秋は、野菜と酒米づくり、そして冬は酒造りというライフスタイルで、「仕事は辛いが、同じ辛いことなら自分がやりたいことがまだ楽しい」と思いながら、半農半蔵人を実践しておられます。
酒蔵の社長さんは、「Nさんをとても頼りにしている。半農半蔵人という形は、小規模な酒蔵にはとてもマッチしている。」と応援しておられます。

◯求める人材像

  • 島根県内に移住し、農業と酒造りでの暮らしを目指す方
  • 農業と酒造りづくりを両立できる体力を持った方(特に朝早い仕事に耐えられること)
  • 本気で就農を目指し、家族などの周りの方の理解と協力を得られる方
  • 地域住民として地域活動に積極的に取り組める方

◯移住・就農支援策

  • 研修支援 農業次世代人材投資事業150万円/年等
  • 移住支援 移住先の市町村で支援
  • 就農支援 「半農半X」支援事業(島根県農業経営課)

◯経営モデルの例

◯その他特徴

◯詳しくは以下のリンク先を御覧ください(PDFファイル)

募集パンフレット(令和2年9月時点)

🔙 【就農パッケージ集】一覧に戻る

☆就農パッケージに関する相談は、以下からどうぞ☆