◯作目名:ぶどう

◯就農までの流れ

  • 産地見学 農業体験プログラム等を活用(1泊2日程度)
  • 産業体験 アグリビジネススクール(1年)、産業体験事業(定住財団、3ヶ月~1年)
  • 研修   農林大学校での研修(1~2年)
  • その他特徴 体験及び研修中に、借受可能なハウスの選定などを市、JA(生産組合)が支援します。
  • 【参考】 ぶどうの農業体験事例(スライド動画)

 

◯先輩農家の声1(アグリビジネススクール卒業生のKさん)

 就農先を探している中で、出雲市アグリビジネススクールを知り受講しました。決め手になったのは、農地を持たずにゼロから始める人にも充実したサポート体制があることでした。研修は、講義と実習からなり、1年の栽培サイクルを体験でき実践的な内容です。研修後、30aのぶどうハウスを借りて農業を始めています。

 

◯先輩農家の声2(Iさん)
  出雲市にぶどうで新規就農したIさんの紹介

 

◯移住・就農支援策

    • 研修支援 農業次世代人材投資事業150万円/年等
    • 移住支援 市内には賃貸物件が多数あり、空き家も含めて、市が斡旋支援
    • 就農支援 国・県の支援制度

【注】上記は現行(令和3年度)の制度。令和4年度に新規就農支援制度の大幅な改正を予定。

 

◯経営モデルの例

【注】農業経営指導指針(発行:島根県農林水産部、平成30年9月)
作物別指標(ぶどう)を基に作成。
前提条件:ぶどう専作経営80a、労働力2人、成木ブドウ樹(成熟樹齢6年)

 

◯その他特徴
ぶどう等の他に「野菜」でも同様の支援策があります。

◯詳しくは以下のリンク先を御覧ください(PDFファイル)

いずもぶどう栽培への招待状、 アグリビジネススクール(令和4年度受講生募集)

◯参考記事
島根には自営就農を支える仕組みがある」(外部サイト:マイナビ農業)

 

🔙 【就農パッケージ集】一覧に戻る

☆就農パッケージに関する相談は、以下からどうぞ☆