益田市でぶどうや施設野菜農家を始める人を募集しています。

◯作目名:ぶどう、施設野菜(トマト、メロン、イチゴ)

◯就農までの流れ

  • 産地見学 バスツアー、農業体験プログラム等を活用(1泊2日程度)
  • 産業体験 産業体験事業(定住財団、3ヶ月~1年)
  • 研修   農林大学校での研修(1~2年)、先進農家での実習等(1~2年)
  • その他特徴 益田市・県・JAで構成するサポートチームが就農を支援
  • 【参考】 ぶどうの農業体験事例(スライド動画)

 

◯先輩農家の声(T農園)

 農業は簡単ではないけれど、自分で食べるものを自分で作るのは楽しいですよ!経営が安定するまでは、それなりにストレスはありますが、作物が理解できてくるとグッと楽になります。農業は自分次第です。自分で決めて、自分でできることをやるしかない。でも、その分、達成感はあります。美都いちごの生産農家は減少しています。後継者を残していくために、私たちは全力で応援しようと思っています。一緒にやってみませんか?

 

◯求める人材像

  • 益田市に移住し、施設野菜での就農を目指す方
  • 本気で就農を目指し、家族などの周りの方の理解・協力を得られる方
  • 地域活動に積極的に参加できる方

 

◯移住・就農支援策

  • 研修支援 UIターンしまね産業体験(12万円/月)+益田市農林水産就業支援助成金(10万円/月)
  • 移住支援 空き家の斡旋と改修費補助
  • 就農支援 農業次世代人材投資事業(150万円以内/年)、施設機械整備費の1/3補助、国・県の支援制度

 

◯経営モデルの例

◯その他特徴

◯詳しくは以下のリンク先を御覧ください(PDFファイル)

  

ぶどう就農パッケージ施設野菜就農パッケージいちご就農パッケージ

🔙 【就農パッケージ集】一覧に戻る

☆就農パッケージに関する相談は、以下からどうぞ☆