Q: 本当に農業で生活する事が出来るでしょうか?
Q: 有機無農薬栽培をしたいが?
Q: 時間は本当に自由になるのか?
Q: 農業は組織に縛られないか?
Q: 植物や動物好きなら農業はできるでしょうか?

Q: 本当に農業で生活する事が出来るでしょうか?
A: 当面の生活は楽ではないと覚悟すべきです。
日本の農業は農産物の輸入自由化などにより、外国との価格競争に入っています。このような中で農業を経営して行くためには、いかに高品質で、付加価値の高い物を作って売るか、また、如何にコストを下げていくかなどがポイントであり、プロの農業者でも苦労しているのが実情です。こうした状況の中で新たに農業を始めるのですから、すぐに多くの収入が得られるとは限りません。ある程度の経験を積み、農業の技術や、知識を得るまでには時間がかかることを覚悟したほうがいいでしょう。

また、農業はサラリーマンと違って、始めたらすぐに収入が得られるというものでなく、生産物を出荷して初めてお金が入ってきます。それまでの間は無収入になりますので、当面生活出来るだけの蓄えは最低必要です。

Q: 有機無農薬栽培をしたいが?
A: 「有機無農薬で農産物を」つくりたいと言う相談が近年増加の傾向にあります。しかし、一口に有機無農薬栽培と言っても作目は色々あり、生産技術も高度で様々です。

また、土地条件と気象条件に左右されることが多いため、経営の基幹になりにくい面もあります。できた農産物も市場流通には本格的にのっていないので、基本的には自分で価格を設定し直接販売するか、生協や消費者グループとの契約で価格を設定し、販売していかなければなりません。

栽培流通の現状を正確に伝え、栽培計画や経営(販売)計画を綿密に立てることが大切です。通常の栽培で何か中心となる作目を確立し、それらを補完する形で有機無農薬栽培をするのも一つの方法です。

Q: 時間は本当に自由になるのか?
A: 農業は天候や季節により時間に縛られることが多い
農業というと自分で自由に時間が使え、「晴耕雨読」の生活が送られると思う人もいるかもしれません。しかし実際には「農業は忙しい」というのが実情です。例えば、昼間収穫した農産物を、翌日の集荷時間に間に合わせるため夜遅くまで調製・荷造りしたりと言うような事も多いのです。

新規参入した人で「サラリーマン時代は残業ばかりで、それがいやで農業を始めたが、かえって農業のほうが残業が多い」などという声もあります。また、農作業は時期を逃したら取り返しがつかなくなってしまうものもあります。作物の特性や天候の関係で一時期に集中的に作業をしなければならないことも多くありますが、農業者は経営者であり、自らの考えで経営を組み立てることが出来るという面ではある程度自由裁量の幅があるといえます。

Q: 農業は組織に縛られないか?
A: 農業は組織で活動する場が多い
近年は会社組織で企業的に農業経営をしている人もありますが、大多数は家族単位の経営です。このため農業者は農協などの組織で、資材をまとめて仕入れたり生産物をまとめて出荷することで有利に販売したりしています。

また、生産技術の研究や流通動向の把握など、一人一人では限界があるため組織で取り組むことが必要になります。

A: 農業をやるには「むら」の一員となることが大事
また、農業経営を始めると言うことは、農村や集落の一員となることです。農村では、土手の草刈りや農道、用水の利用に伴う共同作業など直接農業に関わる事だけでなく、伝統行事や習慣など「むら」の一員として協力しなければならないことが多くあります。

農村は閉鎖的だとか、よそ者を寄せ付けないとか言われますが、それは都会と違って農村では先祖代々その地に住み、都会と比べて住民同士のつきあいが多いからで、村の一員として行事に参加したり、役割を担うことでいったん受け入れられれば、農業の面でも生活の面でも色々な場面で助けてもらうことが多いはずです。

Q: 植物や動物好きなら農業はできるでしょうか?
A: 農業経営には幅広い知識が要求される
農業をやるには植物や動物を育てることや、畑仕事が好きということは重要な条件です。しかし、農業を経営していくためには、ただ単に作物の栽培や家畜の飼育の事だけを知っていれば良いというものではありません。例えば機械の扱い方や修理のことから、販売や仕入れの駆け引き、さらには、税金や農地の法律など幅広い知識が要求されます。

就農に関するご相談をお受けします。お気軽にご相談ください。

【お問い合わせ先】
島根県青年農業者等育成センター
(公益財団法人しまね農業振興公社)
Email: center@agri-shimane.or.jp
TEL 0852-20-2872 
FAX 0852-31-9864

住所 〒690-0876
島根県松江市黒田町432番地1 島根県土地改良会館3F
受付時間 9:00-17:00 [ 土日,祝日除く ]